桜咲く

昨晩は急に電話して申し訳ない。別部屋にいたとのことメール読んだよ。

いえね、デュアルを心配しての電話ではなく、昨日は一真の高校(私立)合格発表だったのよ。WWW

千葉の田舎の高校だけど倍率が1.7くらいに上がってて、塾の先生も「落ちる可能性が4割」と試算されていた。学校の先生も心配してて、俺なんか鼻から受かるとは思ってなくてさ(笑)。一時は落ちたら通信教育か・・・なんて想像してたくらいだ。まぁよくプレッシャーにめげず頑張ったんだろうね。

合否の発表は時代なのか、学校に合格発表を張り出すのではなく、携帯で確認。

「おめでとうございます」となりました。

実はこれから公立の試験(来週)で本番なのだけど、まずは滑り止めに受かったので、家族で居酒屋でお祝いしました。

そこで、俺的には突撃電話でおなじみ、デュアルさんに白羽の矢が立ったというわけです。

なんせ一真。デュアルさんボウリング教えてもらったのが嬉しくて夢に出るほど一真に慕われてらっしゃるし(笑)、いつぞやデュアルの試験の時いただいたというjaxa 宇宙科学研究所の置物?(アクリルのレーザーで掘った手のひらサイズの細工)をテーブルの正面に飾ってらっしゃるし(笑)

まぁ「大切なおじさん」というか彼にしてみればデュアルは数少ない親戚のようなおじさんなのです。あ、中学入学祝いとかももらった。バックは今でも利用価値が高い。その節はありがとう。親戚が少ないと、子供はお年玉やらプレゼントやら自慢できる話題がなくてさ、ほんとありがとう。恩にきます。そうそう、今年は悠時が中学入学です^^よろしくね^^。

そんなわけで、昨日は「デュアルから生のお声がけ」は叶わなかったけど、そもそも俺が急に電話しただけなので、もし、今度うまく公立に合格したら、その時は「おめでとう」って伝えてくださいませ。過剰な期待はしてないけど、もし入学できたら公立には弓道部があるそうで、そっちが本命なのよ。なんか下見で高校に行って、弓道部も見てきたんだってさ。一真の実力じゃ合格するかは五分五分。

ーーー余談

一真は中学3年間コロナとオリンピック行事に翻弄され、一切の行事が無かった不運な中学生だった。けれど、これでは思い出が少なすぎて可哀想と学校の先生が画策したということで、

卒業を目前にした今、急遽日帰りの修学旅行が決定した。

旅費も1万前後のささやかな日帰り旅行だけど、バスに乗って同級生と修学する最後のチャンス。昨日は卒業前のサプライズ発表で、合格発表と相まっていつになく大喜びしてたよ(笑)。

俺は、来週までに入学金やら、ついでに修学旅行の旅費も準備しなくちゃならず、金欠で半泣きだというジョークを交え、乾杯して盛り上がったよ。

まぁほんとのところ、急遽修学旅行も決定して良かったと思うよ。これ一本で卒業アルバムの思い出にしてしまうという学校の思惑があるのは判るけど、粋な計らいだと思った。
だってコロナは子供たちにしてみりゃ〜あり得ないほどのとばっちりだ。過剰すぎる!。
風邪を風邪と言ったらダメ。インフルエンザで学級閉鎖。コロナ感染で学年閉鎖。昨年は学校閉鎖だぜ。そのくせ5歳からコロナワクチンは打ちなさい?何の根拠もなく死ぬ確率はコロナに感染して死亡するより何百倍も高いっつーのに「そこは因果関係が立証できません」だ。ほんとやれやれだ。

今再びステルスオミクロンだの世間があり始めてるけど、もういいかげん「卒業前のプチ修学旅行くらい行かせてあげてよ」と思う親心でございます。やれやれだぜ。

肩甲骨はがし

「肩甲骨はがし」という言葉を聞いたことあるだろうか?
俺はひどい肩こり症で今も両肩に湿布を貼ってる状態。ときに吐き気を催すほど肩こりがひどく、「てもみん」などの施設で、俺の肩が「厚いコンクリートのようで指が死にます。これほどの肩こりは初めて」といわしめたこともある、強者の肩こり症だ。豪姫は俺の肩揉みで何度も指が死んだそうだ。そんなアタシ、肩こり増強施設事務職でやんす。コンピュータ数台かじり付きの日々で、さながらデイトレーダーのような職場です。

今日も酷い肩こりで、目薬さすやら、肩回すやら・・・なんか良い解消方法ないかなとググってみると、なにやら目に付く「肩甲骨はがし」?肩こり解消で座ったままできる肩ほぐしやらのサイトをサーフィンすると、やらた目に付くこの言葉。
ヨガやら、整骨院などの施術では、文字通り肩甲骨に付いている筋肉や贅肉を引き剥がすそうで、、、そういやデュアルは肩の手術したなぁとか思い出しながら、色々ググってみた。

すると、「肩甲骨はがし」は、一般的には肩甲骨を動かすことで肩甲骨についている筋肉を動かして柔らかくし、肩こりを緩和しようとする行為を総称として「肩甲骨はがし」と呼んでいるそう。なんつー大袈裟な。でもそれならできそう。

まぁ色々動画があるが、基本動作は


1、腕を前で組んで、背骨をまっすぐにした状態でそのまま頭上へ手を上げる。この時まっすく上に上がらないと肩が固まっている。という自傷。

2、肩を上に上げ、ストンと落とす作業を10回繰り返し、肩甲骨の緊張をほぐす。という柔軟運動。

3、さまざまな方法で肩を回す。という施術。

ということで「肩甲骨はがし」が完了。実際やってみると、1は当然上がらない。2で目眩。3で実感。
うん!効果あり!

これね、初めて気がついたテイで書いてるけどさ、もう何十年も試してるんだけどね・・・。やっぱ整骨院でかけて本当に剥がしてブルースリーのような肩甲骨の内側に指が入るくらいの柔軟性が必要なのかね????

タダほど高い代償はない。

我が家のカオスっぷりはデュアルも良くご存知の通り。多少のハプニング話ではデュアルの眉毛がピクリとも動かないだろう(笑)

という前振りをあえて書いたのは、「想定外」の過酷なイベントに参加したからだ。

コロナで底冷えした景気の良い話をなかなか聞けない昨今、ご近所にラーメン屋がオープン。まぁこれだけでも十分明るい話題でござんすが、なんとオープン初日、限定200食ラーメン一杯「10円」で食べられるというのだ!!!

いやぁ〜めでたい話ではないですか。しかも日曜日。12時のお昼時に合わせてのイベント。最高です。お祭り好きな私が放っておくわけないでしょう(笑)。

とわいえ、立春を過ぎたとわいえ極寒には変わらない。今時早朝は零下、日中でも3、4度という気温。うーむ。200食ってあっという間に埋まってしまうだろう。いや待てよ、都心ならともかくここはベットタウン。田舎だ。そんなに焦って10円ラーメンに群がるだろうか・・・いや群がるだろうな・・・いや・・・。

というギリギリのバランスを踏まえ、弾き出した答え。

・当日、雨だったら無し。

・雨を回避しても、家族の誰か体調不良なら無し。

・そんなに長く並ぶ根性は無いので、1時間が限界。11時に出向いてすでに200人以上並んでいたら無し。

といった幾つかの条件を設けた。俺の頭の中で。家族はそもそもこの情報すら知らない。

2月6日の朝を迎えた。

快晴だ。

家族の体調も良く、朝ごはんは8時には食べ終わり、掃除洗濯、勉強とこなし、いよいよ「お昼どうしようか」という流れで俺は口火を切った。

俺「よし!10円でラーメン食べるイベントに出かけるぞ!」

家族「・・・は?」

驚いた表情の猫の顔クロースアップ写真

俺は「11時の段階で、まぁすでに200人以上並んでいるだろうけど、ネタとして現場を見るだけでも楽しいじゃん、その後、どっかその辺でご飯を食べて、ウォーキングして帰ろう。」と軽く事情を説明。

お昼ご飯が家族四人で四十円!こんなに家計に優しいイベントが他にあろうかと豪姫はメッチャ乗り気。子供たちも新装オープンのラーメンを食べるイベントとして大いに盛り上がっている。ここまでは思惑通りだ。皆お祭りネタに飢えている(笑)。いざ出発。

駅から20分前後離れた場所にラーメン屋はあった!

うわーものすごい並んでる。

豪姫「いやこれ凄いね、(ヾノ・ω・`) ムリムリ」と鼻から諦めてお店の前を通り過ぎようとする。

それにしても凄い行列だ。まぁ1時間前に来ても食べられるわけはないか。一体何人並んでいるのだろう1234…と数えていると、

ん?100人前後なんじゃない?これいけるんじゃない?

実際数えるとまだ200には到達していない可能性が出てきた。

そうこうしているうちにどんどん列は埋まっている。

俺「いや!まだいけそうだぞ。今数えたら100人ちょいだろ?」

豪姫「えぇぇ?ほんとーーーー」めちゃ喜んでいる。

最後尾のプラカードを持っているお兄さんに聞いてみる。

俺「まだいけそうですか」

お兄さん「はーいどーぞ。大丈夫ですよー」

俺「俺たち4人で・・・いま何人くらいなんでしょ」

お兄さん「128ですねー」

ほーーーら!間に合ったWWWWWすげーーーー。お父さんすげーーーー。

いやぁこの時が一番嬉かったね。

その後あっという間に200人は埋まってしまい、おそらく周辺の地元の人たちも一部の強者を除いては1時間くらいなら並んでも良いと思っていたのだろうかWWWW辛くも我が家は10円ラーメン券を4人分ゲットできたのだ。

10円と引き換えに簡易チケットをもらう。白は豚骨醤油(ばんから)ラーメン、赤は味噌ラーメン。

ぞろぞろ人が集まってきては最後尾のプラカード「終了」を見て残念がって帰っていく。うーん、全然心苦しくない。こんな時間に来ても食べられるわけないだろ。ざまーみろ。勝ち組じゃ(笑)

開店30分前でもぞろぞろ人が集まってくる。ヤンキーやらカップルやら・・・そもそも限定200食って書いてあるのに、開店30分前に来るとか甘い!甘過ぎなんじゃ!。

「私、この土地に住んでずーっとお店できるの楽しみに見てたんです!」と意味不明にごねて列に並ぼうとするババァ。てめぇそれを割り込みというんじゃ。帰れ帰れ(笑)

さて、実際並んでいると、寒い!本気で寒い。おそらく2、3度だけど風がビュービューと吹き抜け体感温度は「極寒」!それでもあと30分も経てばオープンだ。体温が奪われるが、心は折れていない。

そこへお店の人たちからありがたい差し入れ「ほっかいろ」が配られた。なんという優しい配慮だ。まぁ勝ち組の人たちは皆和気藹々ととしている。WWWW

さぁいよいよ12時だ。

・・・・・あれ?

12時5分・・・あれ?

12時10分・・・あれ?

一向に列が前に進まない。なんかセレモニーでもやってるの?

12時20分・・・ようやく列が動いた・・・止まった。2、3人分前に進んだだけ。

おかしい。

周囲もざわつく。

一真が代表してハッピを来た店員さんに様子を伺ったところ、満面の笑顔で「はい。予定通りオープンしてますよ」との返事。

この時まで気がついてなかった。オープンと同時に飯が食べられると大誤算をしていたのかもしれない。もしこの時点でお店が満席だとすれば一人ラーメン10分で食べたとしても、120人待ちとすりゃ、これから単純計算で120分待たなきゃならないのでは無いか?ラーメンを作る時間もある。15分の人もいれば20分の人もいるだろう。そうなると200分、300分・・・お、恐ろしい!

周囲のざわつきを掻き消すような仮説を俺が豪姫に説明していると、前に並んでいた家族が聞き耳を立て、目を丸くして

「お兄さん、それだよ!」

とようやく事態を把握した様子。

そう!お店は予定通り12時にオープンしたのだ。

参った!想定外だ。考えてみればそうだ。ここはラーメン屋だ。普通のレストランのような集客がある訳ではないのだ。

あー12時になったらラーメンが食えるというのはとんでもない誤解だったのだ。

行列には腰の曲がったお年寄りや幼稚園児もいる。皆気が付いていないのだ。列が進んでいないことで腹を立てて帰る人もいたが、「10円で食べられるなら何時間でも待ちましょう!」というのが並んでいる人の総意なのかもしれない。

少なくとも我が家はこの時点でオープンまで1時間待ち、オープンした時点でこの行列は120人待ちの列となった・・・という現実に気がつき唖然とした。

僅かな時間差で遠く果ての200人目になった人は、さらに我々より80人も待たなくてはならない。いやぁ想像してよ。普通レストランの行列なんざ5人、10人。ラーメン屋でも20人も並んでりゃ大騒ぎでしょ。想定の桁が違うのよ!単に飯食うのに120人待ちとか・・・。

あ”ー、、あとはもうただひたすら寒さに耐え、待つのみだ。

待つのみ

待つのみ

ひたすら牛歩のような足並みで進むこと、ようやくお店の前。この時点で14時。オープンから2時間(オープンまで1時間並んだのでトータル3時間も並んだ)でようやく自分の順番だ。心底冷えた。萎えた。足も棒だ。こんな長い時間ディズニーランドでも並んだことはない。想定してこんなに待たせるなら整理券とか配れよボケ、コロナ禍で風邪ひいたらどうすんじゃい!ホッカイロで喜んだ俺が馬鹿だったわと俺の邪神は呟いていた。

でも、案外と子供たちは楽観的で、こうして待っている時間も楽しかった様子。それはよかった。

店内は天国のようだった。換気も良く、なにより暖房がありがたい。

窓の外には寒空の中、残り80名の人が列を作って待っている。向こうから反射して店内は見えなかったけど、店内からは行列がよく見える。暖房の効いた真新しい席に座り、待っている人をツマにゆるゆるとラーメンを啜る。

一杯の10円ラーメンが心底美味かったのはいうまでもない。WWWW

俺って面白いだろWWWW

教訓:タダほど高い代償はない。

古い写真

昨日20時ごろ、家に帰り着くと、一真がぼそぼそとすまなさそうに

「願書に貼る写真がない」

「ん?そうか、じゃ週末写真撮りに行け。お金は出すし。」

「違うの、明日いるの」

「・・・。は?」

「明日願書に貼る写真持っていくって今思い出した。」

「・・・。はあ〜!」

大抵こういう話は突然嵐のようにやってくる。

当日の朝になって弁当が無いなんて話はよくある笑い話だが、時折頭にくることをすまなさそうに言ってくる。いったいなんなの!
怒鳴りつけると俺が疲れる。もう21時だ。飯も冷めた。

しょーがないので、急いで制服を着せ、家で即席の背面シートを作り、パシャリ。

んで、即座に印刷

・・・インクが切れてる!

もう22時だ!しまった、いつもならこの時期年賀状印刷で予備のインクも買ってあるのだが、年賀状出さなかったことがこんなことに影響するとは・・・。


・・・そーだ、コンビニで確かそういうサービスやってたよな。えーっと「ぴくちゃん」ね・

40mm30mmm(しのさんサイズ)もある。御丁寧に余白には「合格祈願」だってさ(笑)。

めちゃ寒いながコンビニ行って、画像はちょっと粗い感じで俺のセンスには合わないが、まぁお手軽で準備できてよかった。

「ほらよ」

「ありがとう・・・んで、お金は?」

「あ?なに?写真それで良いだろ」

「印紙代2300円だって」

「おまえさー、次から次へとさーーー、そういう話は前もって言えって!」

「ごめんなさい」

「おまえさーー全然謝ってないだろ!」

「ごめんなさい」


んで、先ほど一真からメールがあった。どうやらうまく間に合ったらしい。

結果どーしたというわけでもない日常の一コマだが、我が家にはこういう騒ぎが毎日のように起こっているということをいいたかったのだよ(笑)。ほんとカオスだ。

そりゃそうと、昨日インク探してる時、懐かしい写真が出てきた。

もう20年以上前、サウンフランシスコでAPPLEのジョブズ講演を見に行った際、撮影した写真だ。ふとブラッと街中で見かけた古い写真館で、目があった美しい女性。なんとその写真館の娘だという。あなたで写真を撮りたい!タダで良いからレッツトライ!と言われるがまま撮影した。

衣装がアメリカ人サイズでぶかぶか!なんにしろ、筆を使ってネガを起こすアート作品らしく、完成まで1週間かかるそうで、できたら店頭に飾らせてほしいと言われ、OK!快諾。
それから半年以上経って忘れた頃に送られてきた写真。ずーっと本に挟まっていた。なんどか引っ越しをしたが、一度も気がつくこともなく、再婚までして今ようやく(笑)

なにやら律儀なメッセージが書いてある。

You are very wonderful Japan man.

ん?ジャパンマン・・・プププッ(笑)。うーむ、それにしてもさまざまな人がサンフランシスコの街角で俺のアート写真を観ていたのか・・・大人の服を着た子供に見えたのだろうな。
まぁ俺らしい写真だとは思わないか(笑)。

フィッシング詐欺

いやいや、今更ながらの話題なのだが、JCBから突然「大切なお知らせです」とメールが届いた。そ、普通に迷惑メールね。ふだんこの手のメールは全て「迷惑フィルター」に引っかかるようファイアーウォールの設定も万全なのだが、最近、子供の入学試験費やらなんやらJCBカードで支払いをすることが多く、ついに奴がRAMフィルターをすり抜けてきた様子だ。かなり優秀なやつだWWW。

警戒し、ウイルス検知ソフト上から隔離状態でそのフィッシングメール内容を読んでみると、第三者の不正使用を感知し、カードを止めたと書いてある。ほう、そりゃ大変だ。

念の為、携帯からJCBへログインしてみると、なんの異常もなし。カードも止められたりしていない。ま、フィッシングなのでここでおしまい。


いやしかし最近のフィッシングメールはよくできているね。住所もURLもしっかり「本物」が利用されていて、メールから飛ぶリンク先が短縮URLで二重偽装してある。これが全て「釣り」。

しかもメールを開いた瞬間にサーチエンジンに引っかかる画像resourceを仕込んであった。ご丁寧に「トロイの木馬」付きだ。Windowsの場合、知らずにメールを開いただけでログが記録されるという罠だ。(MacintoshはLinux同様resourceが隠せないので、そのまま読んでもウイルスに感染しないんだけどね。)

一昔前のフィッシングは内容も杜撰で自動翻訳を使った明らかに変な日本語で笑えたし、URLも「私は中国です。韓国です」と推察できるものが多かった。が、現在はそんなヘマはなく、内容も堂々としたものだ。amazon系のフィッシングメールもそうだが、完全にメーカーを模倣している。まぁそうでなければファイアーウォールもすり抜けようがないだろう。

それにしてもこのメール、知らずに興味本位で画像を読んでしまうだけでマシンを特定される可能性があるとは恐るべし!

ものは試しに文章の一部をコピーし、ブラウザでググってみるた。するとなんと本物のJCBにHIT。しかもフィッシング詐欺にご用心ときたもんだ。パターン事例が33件件も記載されとるやん。流石のJCBも「気をつけてね」というしかないということなんだろうね。

↓JCBの事例。フィッシングじゃないよWWW

https://j-faq.jcb.co.jp/faq/show/1544?site_domain=default

不断から警戒している俺のような相手でも、詐欺グループに目をつけられた場合、ピンポイントで攻撃されると簡単に引っかけられてしまうんだろうね。相手は組織だし。顔もわからないcrime syndicateだ。俺のようなエキスパート過信している人ほど陥りやすい罠ってあるだろうし。

ま、残念ながら採取されるお金がビタ一文無いんだけどね。だからこそ取られると困る。違う意味で心の余裕が無い(T . T)。ともあれ入試時期の巨額な支払いなんかで、そういった詐欺グループにこいつ金持ちと誤解されないよう気をつけないと。ロボットフィッシングを掻い潜り「目をつけられない」ように気をつけないといけない。


というわけで時々、教訓のように思い出そう「フィッシング詐欺」というネタでした^^