いざ誘われると。。。

ramが言っていた朝の番組って、これのこと?

この記事によるとTBSの社長はご満悦らしい(白目をむいてのコメントかもしれないけどね)。

ところで、大阪でも休み明けのコロナ感染者数は一桁となった今日この頃。とうとう飲み会のお誘いがやってきた。

セレッソの試合をよく観に行ってた人たちで、今シーズンもJ1残留を決めたことだからと、飲み会を催すので集まりませんか?とのこと。

今やコロナに感染する方が難しいと思われるほど鎮火しているが、即答でokとは言えない自分がいる。

ていうか、今回は年末の試験もあることだからお断りするつもりではいるのだけどね。

ただ、もし試験がなかった場合でも果たしてOKを出していたか。。

いざ誘われると難しい問題であると実感した。

東京は大阪よりもコロナの新規感染者は少ないから、飲みに行こうぜヒャッホーな人たちが動き出しているのかな?

朝のroutine

つい先だって、デュアルより「コーヒーの詭弁もどき」を聞いたばかりだが、我が家も少しだけ朝に革命が起きているので記しておこうと思う。

会社員をはじめた頃から、豪姫と結婚してからというもの、朝、見ようが見まいが、とりあえずTVをつけることから朝がスタートする。なんとなく時間が判るし、なんとなく事件やら天気も入ってくる。まぁどの家でもよくある1日の始まり。
で、今回の話題はchの固定化で得られる情報の偏り方。
今までおよそ20年ほど、日本テレビの朝の情報番組を観ていた。

ZIP!からスッキリ。まぁ何気なくつけてるだけなので、特に気にしていなかったのだが、他の番組にはない強烈な特色があることが徐々に判明し、嫌気が差してきた。

ワースト理由

・とにかくジャーニーズゴリ押し!

ジャーニーズゴリ押しなんかどのバラエティでもよくある風景だけど、その偏り方が異常。新人の扱い方も別格で朝からスタジオで歌うなんて日常茶飯事。それだけならまだしも、「TOKIO」山口達也が長年司会を務め、淫行問題で干されたときの対応のひどさってもう・・。SMAPもなんだか偏った報道で、メンバーを映さないだとか異様なこだわりが気持ち悪い。

・韓流のクソの様な垂れ流し

スポンサーについているのがアリアリと判る異様なまでの韓流押し!まぁ韓流好きな人には素敵な番組だろうけど、一切の報道を押し退けて韓流を押し続ける。どこのChもそんな話してなくてもブームの火付け役にでもなったかの如く、とにかく韓流を押しまくる。

・自民党との癒着。医療関係の癒着。そして協賛の脅威。

ZIPで散々ジャーニーズと韓流を押し、続いてスッキリで完全に政治家と癒着し、医療関係ともガッツリ癒着。そしてコメンテーターのクソなこと!加藤浩次(極楽とんぼ)は真っ直ぐな人っぽいけど、「それ、騙されてるよー。報道の渦に呑まれてるよー」ってテレビに突っ込みを入れること多数あり。

とにかくコメンテーターの偏見と忖度がひどい。なんかの宗教団体が絡んでるんじゃないかってぐらい、ひどいのだ。

24時間テレビあたりで限界を感じ、今年の夏から長年見続けたTVchを変更することにした。

日テレからTBSへ。THE TIMEとラビィットへ

THE TIME・・・今のところ、今まで感じていた異様なまでの韓流推しやジャーニーズ推しは感じられないが、とにかく緩いWWWWでもまぁ朝なんでこんな感じのゆるさでも良い。

7時の怪しい踊り(7時のうた)は欠かさず一緒に踊る(笑)。大好き。

そしてラビィットへ。・・・こりゃーひどい・・・でも好きWWWW

麒麟川島が司会のバラエティだが、もう完全にオワコン。芸人の自爆芸を披露するだけの浅ーい番組。案の定低視聴率すぎていつ打ち切られてもおかしくない状態。

でも、まぁ朝のひと時にはちょうど良い感じ。

こんなにも印象違うんだねぇ〜今まで日テレ見て感じていた韓流ゴリ押しやらジャーニーズゴリ押しがないだけでこんなにも爽やか。朝から腐ったコメンテータの報道もどきを観るよりよほどマシだ。

というわけで、テレビCHを日テレからTBSに変えたという他愛のない話だったりする。

ライブ会場にて

週末、延期になっていたMISIAのライブに行ってきた。

人数制限はなかったが、体温測定などのチェックとマスク着用、そして歓声などは禁止といった制限はあった。
とはいえ、こうしてライブに参加できる日が来たことは歓迎すべきで、年末年始にかけて再びコロナ祭りが復活しないように祈るばかり。

で、ここに書きこんでおこうと思ったことが二つ。

一つ目は音響。

大阪のフェスティバルホール、2階の奥の席だったが、MISIAの”高く長い叫び声”(ホイッスルボイスっていう奴?)のとき、耳にフタをされるような強烈な音圧、耳の中が飽和状態になったかのように感じることが何度もあって非常にまいった(笑)。失礼ながら、耳を手でふさぎたくなるような思い(酷い音とかそういう類ではない^^;フォローしているつもりだけど)。
おそらく、会場内の複数のスピーカーから発せられる彼女の叫び声が共鳴というか、重なり合うような位置に座っていたからだと思うのだが(過去に経験したライブでは経験した記憶がない)。アリーナ席ならこんなことはなかったと思う。
席、大事だと思った。

もう一つは老害の話。

私の隣、通路側の端の席に座ったのは70前後の爺さん。
MISIAのライブには珍しい年齢層だなと思ていた。
その爺さん、着席するや否やスマホを取り出し、開演前のステージの幕(ライブのデザインが施された緞帳)を撮影しようとしていた。しかし、操作がおぼつかないのか、スマホを構えながらグズグズしている。
そうこうしているうちに会場内の女性スタッフに「会場内でのカメラ撮影はご遠慮願います」と声をかけられ、すごすごとスマホを下げる。

女性スタッフが通り過ぎたと思ったところで再びスマホを構える爺さん。しかし、すでにロックオンされていたらしく、すかさず女性スタッフに「カメラ撮影はご遠慮願います」と声をかけられる。

するとこの爺さん、キレだした。
爺さん「(開演前のステージ)こんなもん撮るくらいなんやねん!」
スタッフ「撮影はご遠慮ください」
爺さん「馬鹿にしているのか!」

怒りの沸点が異様に低く、二言目で会話が成立しない状態になっているようだ。

自分の孫のような年齢の女性スタッフに、無様な逆切れした姿をさらしている爺さん。しかし、女性スタッフは百戦錬磨のようで爺さんと議論することなく、「こちらでご説明します」と会場外に爺さんを連れて行った。

ライブ会場での写真撮影の是非はともかく、思い通りにならないことに対して抑えが効かなくなり、若い女性に冷静に会場から連れ出される爺さんの姿は非常にみじめにみえた。
老害ダメ、絶対。

ちなみに、その爺さん。10分ほど連れ出されていたが開演直前のタイミングで戻ってきた。ライブ中は大人しいもんだった。
私がMISIAのホイッスルボイスに苦しめられている時も何事もないかのように静かに聞いていた。

手段が目的に

コーヒーが好きだ。

あの香りと味わいで、落ち着きと集中力を付与してくれる魔法の飲み物が大好きだ。

週末、試験勉強をしないといけない。コーヒーを飲んで勉強する。

そのために外出する。

ドトールコーヒーでブレンドとミラノサンド(最近Cセットが売り切ればかり)を頼む。至高の時間が訪れる。

その足で図書館の自習室へ。あるいは、図書館帰りにコーヒーを飲む。

図書館で勉強することがある、この話をすると必ず聞かれる。

「独身で独り住まいの君がなぜ自習室を利用するの?」

それは「(ドトールで)コーヒーを飲みたいから。」

我が家はiphoneの宝庫だ。

我が家は大体、俺と豪姫が一年違いで機種変を行う。そして、使わなくなった旧iphoneを下取りに出すのだが、まぁ近年のご時世に習い、子供達用iphoneとして再利用する流れだ。まぁそんな感じで基本4台のiphoneが稼働している。


現在、我が家の最新鋭は俺が使ってる「iphone11proMAX」:キャリア:povo1.0

続いて、豪姫。「iphone8plus」:キャリア:au:近々俺と入れ替わり最新マシン「iphone13」になるはずだったのだが、要らない機能満載だったので、お蔵入りになっている。


んで、一真は「iphone5s」<俺のおさがり:キャリア:mineo

悠時は「iphone6」<豪姫のおさがり:キャリア:mineo

たとえ画面が割れようがボタンが壊れようが、なんせ「俺がいる」わけで、数百円〜数千円の部品実費の調達で修理してしまう、バッテリー交換もお手のものだ。俺は街の「iphone修理屋」真っ青の技術屋なのだ(笑)。


ここで問題発生。mineoから通達が。2022年3月31日(木)に予定されているKDDI社(au)の3G携帯電話向けサービスの終了を受け、au VoLTE非対応の携帯電話が利用できなくなるという通達が来た。一真が利用するiphone5sがまさにVoLTE非対応機種だったりする。いわゆるオワコンならぬオワスマだ。


そういえば、iphoneの調子が悪いと騒いでいたが「テメェ受験生だろ!勉強してろ!」で片付けていたのだった(笑)。そんな折、豪姫のご両親が二人そろって携帯の機種変更をした。んで、一真が「それくれ」と言ったらしく、ご両親からiphoneをいただけることになった。2台とも「iphone7」だ。ただ、2台ともお蕎麦屋さんで仕込んでいただけあってかなりの痛み。一台は液晶が割れ、ボタンが反応しない。でもまぁ、俺は街の「iphone修理屋」真っ青の技術屋さんという事情を両親も良く知ってる。まぁRAMさんなら上手く使えるようにできるんでしょ。ってなわけだ。


・・・いやぁ大変だったWWWW

まず、何をするにもsimカードの載せ替えるため、「simロック解除」をしないといけない。が、すでに解約済みの携帯。が、さすがauさん!。解約済みの携帯でもネットで手続きを行えば無料でsimロック解除可能だった。が、ご両親に尋ねても、my auのidなど覚えていらっしゃらない。うーん、困った。なんど豪姫に確認してもAppleのIDしか返ってこない・・・よくよく確認したら豪姫も理解しておらず、AppleIDを両親に確認していたのだという。やれやれ、必要なのはauのIDだということで再度確認するも、やはり覚えていないという。困った。そこで、手を出したのはコレ
simロック解除用のsimだ。これを突っ込めばsimrロック解除ができるのだという・・・。フロントパネルが3,680円、開口部の防水テープが2枚で360円、あとバッテリーがほぼ死んでいるのでこれも交換。お!タイムセールでラッキー2個で2122円。まぁ6千円ちょっとで新品同様のiphone7が2台完成するならアリでしょ^^。
というわけで注文品は翌日届き、修理もバッチリ終わった。あとは「simロック」解除。が、待っている間レビューを観ていたが、どうも上手くいく可能性が半々の様子。やはりというか、脱獄してsimロック解除しても、安定しない機器が多々ある様子だ。


うーん、、、悩んだ挙句、au idとパスワードの組み合わせで、豪姫の両親が考えそうな組み合わせを色々試し、ダメだったら最後の手段でsimロック解除用のsimを利用することにした。この辺りは戦略ゲームでもやっているかの様子だ。幸い何度間違えてもidがロックされる気配はない。TVを観ながら、両親になった「つもり」で考えそうな色々組み合わせを確認してはチェックを入れ

・・・あ、パスした!WWWW

うーん、巷の犯罪者の気持ちが少しわかる気がする。安直な組み合わせは危険だ。第三者の俺でも1時間もかからずパスワード解読可能なのだ!身の回りのPIM情報を安直に利用することは気をつけよう・・とか思いつつも、あっさりと本体simロック解除完了。

あとは、初期化して、バックアップファイルの入れ替えして、キャリアsimを設定し、プロファイルをインストールし、、、。

かくして、我が家は現在6台のiphoneが稼働。うち2台は初期化のあと「お蔵入り」とあいなった。

いやぁかんがえて見ると我が家には携帯もずいぶんと便利になったものの、そもそもスマートフォンはすでに携帯ではない。「携帯」機能がついた情報端末だ。これがないと子供たちでさえ色々不便な世の中なのだねぇ。