ライブ会場にて

週末、延期になっていたMISIAのライブに行ってきた。

人数制限はなかったが、体温測定などのチェックとマスク着用、そして歓声などは禁止といった制限はあった。
とはいえ、こうしてライブに参加できる日が来たことは歓迎すべきで、年末年始にかけて再びコロナ祭りが復活しないように祈るばかり。

で、ここに書きこんでおこうと思ったことが二つ。

一つ目は音響。

大阪のフェスティバルホール、2階の奥の席だったが、MISIAの”高く長い叫び声”(ホイッスルボイスっていう奴?)のとき、耳にフタをされるような強烈な音圧、耳の中が飽和状態になったかのように感じることが何度もあって非常にまいった(笑)。失礼ながら、耳を手でふさぎたくなるような思い(酷い音とかそういう類ではない^^;フォローしているつもりだけど)。
おそらく、会場内の複数のスピーカーから発せられる彼女の叫び声が共鳴というか、重なり合うような位置に座っていたからだと思うのだが(過去に経験したライブでは経験した記憶がない)。アリーナ席ならこんなことはなかったと思う。
席、大事だと思った。

もう一つは老害の話。

私の隣、通路側の端の席に座ったのは70前後の爺さん。
MISIAのライブには珍しい年齢層だなと思ていた。
その爺さん、着席するや否やスマホを取り出し、開演前のステージの幕(ライブのデザインが施された緞帳)を撮影しようとしていた。しかし、操作がおぼつかないのか、スマホを構えながらグズグズしている。
そうこうしているうちに会場内の女性スタッフに「会場内でのカメラ撮影はご遠慮願います」と声をかけられ、すごすごとスマホを下げる。

女性スタッフが通り過ぎたと思ったところで再びスマホを構える爺さん。しかし、すでにロックオンされていたらしく、すかさず女性スタッフに「カメラ撮影はご遠慮願います」と声をかけられる。

するとこの爺さん、キレだした。
爺さん「(開演前のステージ)こんなもん撮るくらいなんやねん!」
スタッフ「撮影はご遠慮ください」
爺さん「馬鹿にしているのか!」

怒りの沸点が異様に低く、二言目で会話が成立しない状態になっているようだ。

自分の孫のような年齢の女性スタッフに、無様な逆切れした姿をさらしている爺さん。しかし、女性スタッフは百戦錬磨のようで爺さんと議論することなく、「こちらでご説明します」と会場外に爺さんを連れて行った。

ライブ会場での写真撮影の是非はともかく、思い通りにならないことに対して抑えが効かなくなり、若い女性に冷静に会場から連れ出される爺さんの姿は非常にみじめにみえた。
老害ダメ、絶対。

ちなみに、その爺さん。10分ほど連れ出されていたが開演直前のタイミングで戻ってきた。ライブ中は大人しいもんだった。
私がMISIAのホイッスルボイスに苦しめられている時も何事もないかのように静かに聞いていた。

DQウォークに思ったこと その2

残りわずかとなった期間限定のイベントメニューをできるだけ消化することに命を燃やしたこの一週間。勢い余ってLV50にも手が届くところまで来た。疲れた。

イベントの消化状況はというと、メガモンスターの竜王にも勝利し、「追憶の賢者」の「上級」を残すのみとなった。残り1日で厳しい状況だが、今夜はLV50に届かずとも上級クエストに挑戦してみるつもりだ。

ここまでの感想を上げると・・・

  • 当初目的の「ランニング練習の促進効果」は抜群!ポケモンGOのタマゴと比べると2km、10kmなどと距離が決められていないのがよい。それに、ポケモンの場合、キロ6分の速度を超えると距離のカウントがされず、タマゴがふ化しない悲しい結果が多々あったが、DQの場合、とにかくスマホをウエストポーチに突っ込み、WALKモードでジョギングすればレベルもグングン上がるというのはありがたい。多少の距離はモリモリ歩いて移動する。反動で車の利用率がガクンと下がった。
  • クエストの場所の設定について、アプリが指定してくる場所はだいたいパターンが決まっているようだ。やってて思うのだが、住宅街に設定してしまうと不審者扱いされないかと周囲を気にしてしまう。最近、レベルアップとともに「オートバトル」では倒せないBossが増えてきただけにそういう状況も増えてきた。
  • 装備の強化、限界突破などレベルアップ以外の要素について、装備の強化を進めるようになったらゴールドがすぐに無くなった。武器が買えないゴールドなんて使い道あるのか?と思っていたあの日の俺を殴ってやりたい。限界突破は、武器や防具のレベルをマックスにしないと実行できないと思い込んでいたのは内緒だ。
  • 一度に持てる魔法の聖水や薬草が10個までと少ないことが気になっていたが自宅とかでレベリングさせないための制限だとわかった。なるほど、よく考えている。
  • 今後の展開について、新しいストーリーの追加ペースはどれくらいなんだろうね。なんて書いていたら、アプリに新しいイベントの告知が出てきた。新装備かぁ、せっかく溜まったジェムやゴールドもあっという間に底をつくんだろうな。。

あと、自宅の設置場所について、設定を実際の場所から「1~3キロずらして表示」の設定にしているのだが、この15日間、訪問者は二人のみ(笑)訪問者の数が少ないのはいいけど、いったいどこに表示されているのかは気になるところだ。

気になると言えば、「歩きスマホ」にならないように注意をしているが、「なってしまう」ことも多々ある。痛い目に合う前に「ならない」ようにしたい。

余談だが、今朝の通勤電車で隣に座ったサラリーマンは、左手にスマホ、右手にタブレットを持って、最初にPokemon GO、次に私が知らないゲームを二つ、最後にDQウォークを操作していた。スゴイ奴だと思った。俺の場合、今ではすっかりPokemon GOは控え選手。ベンチを暖めている状況だ。

早くLV50にして「転職」をスタートさせたい。

DQウォークに思ったこと

台風の方は雨の被害が大きかったようやね。河川の氾濫が大量発生していてかなりエグイ。こんなに広範囲が被災するとは言葉もない。Ram家の方は大丈夫そうかな。

で、台風通過に伴い土曜日のイベントが潰された俺はというと、ドラクエウォークのレベリングに勤しんでいた。で、思ったこと。

  • モンスターを倒す懐かしのドラクエ戦闘シーンが楽しい(けっこう眺めていられる)
  • ポケモンより距離が短い範囲で遊べる
  • 逆に10kmタマゴのような長距離移動のメリットは少ない。レベリングに移動は必ずしも必要ない。

この辺はポケモンとの差別化を図るという運営の意図を感じるゲームデザインで位置ゲーの後発組としての工夫がみてとれるのだが・・・

  • 武器や防具が「ゴールド」で買えない。基本「福引き」、選べない。さらに10連ガシャなんてめちゃくちゃ課金要素が強いメニューを置いている。

これは正直いただけないって思った。ご存知のようにポケモンの方はこの課金要素が強くない。しかもガシャのようなギャンブル要素もない。これはソシャゲ全般にいえることだが、課金ガシャにウエイトを置いているゲームは大して普及はしないと思う。なので、ドラクエがこの辺を改善しない限りポケモンGOを超えることはないし、なるほど、日本国内限定のリリースにしたのも頷ける。とはいえ500万ダウンロードか^^;この「ガシャで装備を揃えるシステム」は世界では受け入れられないでしょう。

運良く虹色装備もゲットできたが、今の装備でどこまで行けるのか。。。星3つの装備でも現行のメインストーリーはクリアできるのかな?その辺を疑問に感じたゲームだ。

ドラクエウォーク

ガジェット・ブーストのようなランニングの練習モチベーションを高めるキャンペーンの一環として「ドラクエウォーク」を始めた。

ドラクエウォークはポケモンGOに比べて、より「歩く」要素が強く、ジョギングに特別相性がよい訳では無いが、「移動する楽しみ・目的」を増やすことで、練習のモチベーションを少しでも高めたいと考えているわけだ。

俺はというと同じ理由でポケモンGOも復活させている。一定の距離を移動することで卵をふ化させるのを見ていたのだが、似たようなポケモンしか出ないので飽きていたところだ。年に一回、新しいポケストップを回すことで大量の経験値が入るときには、長距離ジョギングで頑張ったりもしている。レベルは32まで上がった。でも、強いポケモンとかは育っていない。

ちなみにramはドラクエウォークをやってる?ジョジョSSとか戦国炎舞とかも超ハイレベルプレイヤーになっていたりするのかな?

いずれにしても来年くらいから始まる「5G」。この高速通信インフラの普及が位置ゲーをはじめとするスマホゲームを新しいステージに引き上げることは間違いないと思っている。

ガジェット・ブースト

スポーツの秋、到来!!

やっと涼しくなってきた。だが、「快適な気温」というのは諸刃の剣(つるぎ)、活動を促す一方で“早起き”を阻む高い壁、惰眠をむさぼる要因にもなり得る。今こそ朝のジョギングを本格化するべしと意気込んでいるのだが、朝の快適さが布団から這い出る意欲を削いでしまっている。

そんなダメダメな日々を過ごしてきた俺。今年もまたフルマラソンの大会日が迫る足音に恐怖し、怯え始めている。そろそろ気合いを入れて練習をしないと悲惨な目に遭うのは火を見るより明らか、というやつだ。そんな俺はやる気のドーピング剤「ガジェット・ブースト」を発動することにした。

新しいGPSウォッチをゲットしたのだ。それがコレ、SUUNTO5

今まで使っていたGPSウォッチは酸いも甘いも一緒に切り抜けてきた大切な相棒だが、使用期間4年を超えてくたびれてきていたのも事実。新旧交代の決断をしたわけだ。

決断の後押しになったのは、手首から心拍計測ができるタイプであること。心拍計自体は今も胸にセンサーベルトを巻くタイプを持っているのだが面倒なので使用頻度は低い。手首の静脈の動きから心拍数を計測する今回のタイプは、精度こそ胸センサーに比べて劣るが、その手軽さは比較にならない。このSUUNTO5は睡眠分析までしてくれるらしい(実際に使うかどうかはわからんが)。

そして心拍数を把握すると、効果的な練習、今の自分の状態、走るペースの適切さなど、いろんな活動項目の「見える化」につながり、練習効果の最大化を図ることができるはず!なのだ。

これを我が左手首に巻くことでやる気が20~30%はアップするはず。そんな「ガジェット・ブースト」に期待する俺は、確か旧GPSウォッチを買った4年前にもいたような気がするが、コレで足りなければ後はシューズとウエアを新調する算段だ。